青森市中心市街地を彩る、新しい情報配信がスタートします!

まち中ステーション「nico‐home」ウィンドウでデジタルサイネージ情報配信

nico-homeのガラスが巨大スクリーンとなって、情報を映し出します!

仕組みを構成する機材構成

  • 110インチ液晶スクリーン(ガラス面に直接貼付)
  • プロジェクタ(110インチ対応)
  • コンテンツ配信用のパソコン

配信イメージ

1.液晶スクリーンがOFF、プロジェクタもOFFの場合、液晶スクリーンは不透明な状態です。

2.液晶スクリーンがON、プロジェクタもOFFの場合、液晶スクリーンは透明な状態です。

3.液晶スクリーンがOFF、プロジェクタがONの場合、パソコン内に用意されているコンテンツが映し出されます。

その他特徴

  • 電源OFFの時は液晶が不透明化。電圧により色の濃さを調節可能のため、ブラインドとして利用できます。
  • 一般的なプロジェクタで投影することにより、画像や動画の表示が可能。投影する画像や動画はパソコンで制御することで、好きな時間やタイミングでデジタルサイネージとして利用できます。

nico-home・トップへ